ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

Yさんへの私信

Yさん

世界を巡っているかのような写真がたくさん載っている日めくりを見つけました。

旅好きなYさんにはおなじみの景色があるかもしれません。

同じシリーズで写真集もありましたが、気軽にパラパラ見られる日めくりなら、より世界が身近かも!と思ってこちらにしました。

中身は全く知らないまま贈ります。もしよろしければ、私の誕生日はどんな景色なのか、写真に撮ってメールしてくださるとうれしいです。

 

この日めくりは本屋さんで見つけました。

地震、大雨と続いて気がふさぎ、かつ、ここ最近本屋さんでゆっくりする、といった時間も取っていませんでした。

久しぶりの本屋さんは、心が細かく震えるような、心臓がぶわっと大きくなるような、

いつものにおい、いつもの空気、いつもの景色で、

私はこの場所がないとしぼむんだなぁとあらためて思ったのです。

私が私でいられる場所なのに、勝手に遠ざかって淋しく悲しくなっていたことに気づきませんでした。

私が無理をせずに私でいられる場所はそう多くありません。

少ししかないのに、ここのところすっかり出不精で、私が私を見失うところでした。

脳内でばかりあくせくして、体感を忘れるところでした。

 

そんな時に、Yさんをふと思い浮かべました。

いろんなやりとりをして、印象深いことも忘れてしまったこともたくさんありますが、

ずいぶん長い間お付き合いさせてもらっているなぁ…と感じ入る気持ちです。

 

こうしてお手紙を書ける喜び、

思い出をたくさん持っている喜び、

なにか喜んでもらえるものはあるかな?と探せる喜び、

好きなものや事を知っている喜び、

多くの喜びや楽しさを与えてもらっています。

もしよろしければ、またYさんの好きなものの話を聞かせてください。

 

ノートの切れはしに書いた手紙ですみません。でもこのノートはとても書き心地がよくて、触り心地もすべすべしているので、Yさんにも心地よさを手渡したくて書きました。

 

ではまたいつか!               2018.7.7