ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

地震

 

今朝、7:58

ぐわんっというような、身体を突き飛ばされたような衝撃と揺れ。

揺れた時間は短かった。

 

東北の大地震の時は、大阪の都心部のビル23階にいた。あの時の揺れは長く長く、焦れるほど長く続いた。当地の被害も恐ろしいものだった。

 

今朝は職場である鍼灸整骨院にいた。朝8時から開院するため、準備に追われていた時だった。

横向きにゆらゆら揺れるというよりは、縦向きの衝撃を感じた。棚の上に置いていたものがバラバラッと落ちる。丈の高い植木の鉢が割れた。

出勤途中だった通院患者さんが飛び込んで来た。先生が閉じ込め防止のため扉を開けたと同時だった。先生と患者さんの3人で、揺れが収まってもしばらくそのまましゃがんでいた。

何が起こったのかわからなかった。しかし強い恐怖を感じて、「死にたくない!」と動揺し、ギュッと体に力が入った。

テレビがなかったので外がどういう状況かわからなかったが、すぐに商店街の役員の方が現時点の付近の状態を伝えに来てくれた。ネットでの情報も流れ始めた。

近くにお住いの患者さんも、様子を見に来てくれた。

私は落ち着かず、とりあえずできるルーティン作業を終わらせて、今日予約されている患者さんに電話をざっとかけ始めたが、午前中はほぼつながらず、とにかくかけ続けようと焦る気持ちだった。

浮き足立ち、肩が上がり、息が浅い。血圧が上がっている感じ。あとでドッと疲れが出るだろう、と思った。

震度1くらいの余震が短期間に起こっていたが、自分の血圧が上がってめまいのようにふらつくのか、本当の地震なのかわからなくなった。

数人の患者さんと電話が通じ、無事かどうか確認すると、食器が全滅した、とか、冷蔵庫の扉も開いた、とか、2階の部屋はものが散乱している、といった状況のようだった。

そうしているうち、妹、母、友人から確認のメールが届いた。自分がメールすることは頭から飛んでいた。慌てて返事をして、私も主人にメールをした。自宅は家具が倒れかかって、本や雑貨が落ちたようだ。食器も数枚割れたらしい。主人は出勤前で家にいてくれたので、私が帰る頃にはあらかた片付けてくれていた。

小鳥たちの様子が気になっていたが、文鳥は驚いて吐いた、と聞いた。プルプルッと首を振って吐いたそうだ。吐くことなど初めてだから、ものすごく怖かったんだろう。主人がいてくれて本当によかった。

昼までの勤務を終えて家に戻る途中、外壁が崩れて落ちたクリニックや、酒瓶が割れてカゴに入れて片付けていたコンビニ、コンクリートがめくれている道、道路はいつも以上に多い車の列、消防のサイレン、止まないヘリコプターの音、空気自体がざわついていた。

家に戻り、片付けをしたら、強烈な眠気と疲労感がきた。

不安と焦りで情報を得るための行動も空まわりしている。それでも、SNSはテレビよりよほど役に立ち、非常に助かっている。

関西の人々は、阪神淡路大震災を経験している方も多いからか、今できることをして、割合と落ち着いているように思える。

あの経験の前後では、どの人も“細胞が一気に入れ替わったように”変化したように思う。同じ人なんだけれど、質が変容した、というのか、考え方や生き方、行動のための基準などが大きく変わったように思う。

 

今日は昼から雨の予報だったのがどうにかもってくれたけれど、明日は降り出すようだ。

どうかこのまま被害が広がらず収まってほしい。

 

こちらは無事です。

どうぞ気をつけてください。