ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

ちょっとずつちょっとずつ

初めてお会いした時から、1ヶ月経ち、2ヶ月経ち、、、数ヶ月して、その人の体調がよくなり、自然な笑顔が出て、言葉も明るくなり…、

そんな変化を目の当たりにした時の、じんわりとした嬉しさと安堵を感じられることは、今まで知らなかった世界だなぁ。

数ヶ月に亘る先生の治療もあってそんな変化を遂げられているのですが、でももちろんそれだけではない。

ご本人の意識や行動なしには変化はない。

ご本人がちょっとずつちょっとずつ進んで、身体が楽になったことで気分よく過ごす時が多くなって、今、楽しく暮らしていけているなら、それはなによりのことですね。

f:id:piyosuketochocotoume:20180531200837p:image

気持ちに無理せず、素直に身体や心を大切にされている方は、それほど滞りなく楽になっていかれるのだろうなぁ、と、あちこち痛む私は思います。

どうしたって、身体の動かし方なんかのクセは抜けないし、心の思い込みもあるし、意識はなかなか組み替えられないし。でも、今ないものより、今あるものやできていることに気づくと、あっ、私でもこんなに楽しく生きてるんだ、とハッとするのです。

そんな時に、私は私の身体にありがとうと思う。ずっとつきあってくれてありがとう。