ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

身体と心のつながり(“胃”編)

こんにちは。

ここのところずっと気持ちが晴れない状態が続いていたんです。

脳が酸欠みたいになって生あくびばかり、猫背になっていて、消化不良で胃腸も重い。足先も冷えている。身体全体の動きが鈍い。
これじゃあかんと焦って余計な動きをした結果、空回りして雑になる。

気持ちも空回りになるし、元気が足りないから「どーせ」思考になる。

知らず知らず息が浅く、まるで息をしてないんじゃないか、くらいに浅くなっています。なんか、自分を雑に扱っている…

 

それで、自分のを鏡で見てみました。

舌全体の色は紅色。舌苔(ぜったい)が、白苔・薄苔だったのに加えて、真ん中あたりが剥苔になってるーーー。

(剥苔…ところどころ剥がれたように地図状になっている。そして舌の真ん中あたりは「胃」を示します)

私の舌には元々歯根・裂紋もあり、それも合わせてすべてが「虚証」「胃の気虚陰虚」を示しています。(色が紅なのは、胃の熱が強くなっている状態。正常は淡い赤色です)

虚証」とは、「足りていない」状態をいいます。

胃の消化機能が落ちており、食後だるく眠くなる。急いで食べてしまいあまり噛んでいない。食べ過ぎることもあり、胃を休めていない。…といった状態が長く続いている。消化をコントロールしているのが「気」で、その機能が落ちているので消化吸収できず、栄養や水分である「陰(血・水)」も足りなくなっている。

 

胃を大切にしていない!

ほんとに身体は嘘をつきません…。自分の舌を毎日見ているわけではないですが、サインを出してくれてるんだ、と実感しました。

思い悩み、ため息をついてしまうのにも、「胃の動きが悪くなってずーんと重い」という身体の理由があったんですね。

 

状態はわかった。では対処は? …これについては、まだまだ知識もあやふやで、これがいいかな、あれもいいかな、こちらからのアプローチはどうなるの?と一人で会議する感じです。知識を知恵にしていくには、経験を積むしかないんだなぁ…。

それでもその後たっぷり眠って(眠れて)、少しは頭がすっきりしました。ちょっとは気持ちが起き上がってきました。

そうか、私は自分で人体実験中なんだな。そう思ったら、くよくよ悩むのも、眠れないのも、食べたくないのも、自分が身体に気づくために起こっているんだ。身体はつらいと嘆いているけど、今は起こってからしか対処できないけど、きっといつか、起こらないように予防していけたらな…!