ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

本屋に泊まる

こんにちは。

この間、「ジュンク堂に泊まる」っていうイベント企画があったのです。東京・池袋のジュンク堂がそんな募集をしたのです。そのニュースを見た時、「うわぁ〜うらやましい〜」と目玉と心臓が飛び出るような思いでした。

本屋に泊まる」なんて!そんなことが実現するなんて!夢のようだ!すてき!すごすぎる!(鼻息荒いですが、応募してません)

まさに夢のようなこと。

E.L.カニグズバーグの児童文学『クローディアの秘密』を思い出しました。そして、高野文子『ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事』という漫画作品も。

『クローディアの秘密』では、家出したクローディアが向かった先はなんと「メトロポリタン美術館」!

『ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事』での舞台は「デパート」。夜のデパートで縦横無尽にスパイと戦う冒険活劇です。

***

お客さんが誰もいなくなった本屋さんで夜を過ごす。

閉館して薄暗い美術館で、世界中の絵や彫刻を誰に遠慮することなく眺める。

夜のデパートの中も、あちこちに着てみたい服や靴、アクセサリーや、はたまたベッドやソファ、そしていろいろな産地からやってきたたくさんの野菜やお肉、お酒、スイーツ!

どれもこれも、魅力的です。まったく眠れませんね。いや、眠ってられませんね!

ドキドキ、ワクワク、キラキラした、誰も知らない秘密の世界にいる感覚。

もちろんこのワクワク感は、誰もいない、というのがポイントですよね。普段たくさんの人が行き交う場所が、閉まるとシーンと静かな暗い空間に変わる。聞こえるのは警備員のコツコツという靴音くらい。自分の息もひそやかに、夜の静けさに合わせている感じ。なにかが起こりそうな、胸が高鳴るイメージ。もう想像するだけで楽しくなります。

本屋さん、美術館、デパート。どれか選べるなら、やっぱり本屋さんかなぁ。(しかもジュンク堂ですし)

***

ジュンク堂に泊まった方は、どんな心持ちだったかなぁ。たくさん読めたかなぁ。

読みたい本があんなにあるのに、でも時間は有限で、一晩で全部読むことなんてとうていできやしない。

だから、本を思う存分読めるという自由をもらった、それだけで満足なような気がします。

ちなみにジュンク堂さんの今回の募集は「寝袋付き」だったんです。心憎い演出ですね。