ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

“ 魚座 ”しいたけさんの占い

こんにちは。

しいたけさんのブログ、おもしろいですよね。

私は魚座でして「今年下半期の振り返り」を読んでいましたら、ウンウンそうそうと頷くこと多し。

いつも占いを読んでて「魚座」の性格とか当たってないよなーと思ってるのにこんな時だけおかしいかもですけど、

生き方(宿命的に、そうぜざるを得ない)がこういう傾向が強い、という意味で捉えれば、今回の「魚座を振り返って後編  〜しいたけ占い2017年下半期〜」は今年まさにそうだなと思うのと、こういうとこ無視してきたけどあるかもな、と思うことが多かったです。

https://ameblo.jp/shiitake-uranai-desuyo/entry-12302329775.html

 「私が知らない私に出会いたい」

それが潜在的に強く持っている魚座の執念であり、夢です。

だから魚座の人って「今までの自分」を褒められたとしてもポカーンとすることがあります。
だってそれは過去であり「私が知ってる私」だから。

魚座が「ちょっとわけのわからないこと」に興味を持って首をつっこむのは「私の知ってる私」を壊したいから。

そして、魚座ってできれば守るより、壊していった方が良い人たちです。

  「うお座を振り返って後篇 2017年しいたけ占い下半期」より

心強い言葉だなぁ。

だれだってそうかもしれないけど、「以前こう言ってた」みたいに人から言われると「だから?」ってずーっと思ってました。「私はもうそこにはいないんだけど」と反発心めいたものも湧いていました。変化するのが人間だろう、と思っているから。

*** 

2017年に入って、「変わる」ことに意識的になった、と以前書きました。それは今も続いていて、今年は自分をやりきりたい、という思いがあります。

自分のいい部分もキライな部分もよくわかってない部分も、ぜんぶ自分だという責任をもって、今までの自分なら選ばなかった行動や考えを試してみよう、という意識です。

ひるんだり、立ち止まったりしまくってます。でも進むんだ。

そして、この2017年の下半期にあなたに起こる衝動は、

「もうここまでの自分は終わり。変身して次のレベルに行かなきゃ」

  「しいたけ占い 2017年下半期」より

今までの私は、占いはしょせん占い、なんて言いつつちょっと気にしたりする「フツー」の人間でした。裏を返せば、信じたいのに占いなんて信じてる自分はカッコ悪い、みたいに斜に構えてました。

でも今年はそれをやめました。だれの目を気にしてカッコつけているのか。自分か。

自分の感性が喜んだような気がした時や、発見だ!と思った時は、全面的に信じてみることにしたのです。

自分をほめる「ほめ日記」も、日記としては続いていないけど、手塚千砂子さんのブログを読むと、明るい言葉がいつも書かれています。それを目にするだけでも「今日も笑っていこう」と素直に思えてくるようになります。

ほかにも勇気づけてもらっているものはたくさんあります。以前なら本を読んで得ていたことも、今はありがたくもネットがあるので情報を得ることは簡単になりました。ただ、それを心にとどめておけるかどうかは、やっぱり自分次第ですけれどね。

ただポジティブシンキングせよ、というだけなら今まで通り何にも進んでなかったと思う。いったん自分の失望するところ、見たくなかったところ、これらに向き合いたい、と決意して、その上で自分を励ましてくれる言葉に近づくようにした。なんでもかんでも入れない。自分が楽しめる、成長できるものだけを見る。

そしてそれらをぜんぶ信じることにした。言葉も、人も。

もうここまでの自分は終わり。変身して次のレベルに行かなきゃ。

行けるんだ、私。ものすごく楽しそうで苦しそう。でもできるんだ。新しい自分を見つけられる、と思うとわぁっと叫びたくなるくらい嬉しくなる。

今年を悔いなくがんばろう。

***

あ、そうそう、漢方の試験合格しました(^^)