ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

〈うめ通信〉フライトスーツでボーン・フリー!

Born Free!

こんにちは。

インコやオウムには“フライトスーツ”なるものがあります。

 f:id:piyosuketochocotoume:20170715222430p:image

「木箱、かじったよね?」

「いえ、かじってません。」 

f:id:piyosuketochocotoume:20170716170148p:image

“フライトスーツ”とは、こんなのです。レスリングか水着みたいな感じですね。後ろにマジックテープがついていてそれで開閉します。

これに慣れてくれていたら、たとえ病院に連れて行く時でもいざという時少しは安全なので、着てほしい。と主人は言っています。

本人は全力できらいだそうです。まぁデザインや色もちょっと…ダサ……

冗談はさておき、小鳥を外に連れ出す時は、常に恐ろしいです。ケージやキャリーに入れますが、出入り口だけでなく、網部分と底部分をつなぐツメにもロックをかけます。

もし、小鳥が外に出てしまったら。

本人はパニックでしょう。やみくもに飛び回り、勢いのまま飛び去ってしまうことを想像します。決して、「わー楽しい〜」と喜んで飛び回るなんてことはないと思います。

今まで家の中しか見たことがなかったのに、急に広い知らない世界に放り出され、上も下もわからない。

どこへ行けばいいかも、どこに止まればいいかもわからない。

360度見回しても、知ってるものがない。

光が眩しく、風の抵抗も強い。

飛ぶうちに飼い主は小さく遠くなり、自分が何をしているかわからなくなる。

飛び続けたことなどないので、すぐに体力も尽き、心拍数や体温も急激に上がる。

木々や屋根に止まることができなければ、目を回すような状態で地面に落ちるでしょう。

…そんな感じではないかと思うのです。

うちは集合住宅ですから、外から見たら同じ窓がズラリと並んで、一体どこがうちなのかわからないでしょう。

小鳥を実際に飼うまでは、ケージに入れたままなんてかわいそう、とか思ってました。誤解してました。

ケージは閉じ込めるものではなく、小鳥の安全を確保するためのものですね。

------

話がズレましたが、フライトスーツです。これは、輸入品しか見たことがありません。小さいけど結構値段が高いです。海外製の常か、だいたい派手な色柄です。ダサ…いえ、コホンコホン。

パッケージに “ Born Free!”と書いてました。これを着て自由に生まれ変わろう、みたいな意味でしょうか。楽しそうなオウムの絵も載ってました。

それを、英語のできないアホな私は、“ Bone Free!”と読んだんですよ。ほぉ〜、羽も押さえつけないし「骨、自由!」か、と……脱臼か…… 

まぁ、それが言いたかっただけです。

ところで今日もうめさんはフライトスーツがきらいです。

 

お付き合いありがとうございます。 

 

Bone Free!