ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

“捨てる神あれば拾う神あり”(今年の振り返り)

 

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

 

今日は、今年の振り返りです。

 

コーヒーコーヒーコーヒー

 

今年は、私の人生が大きく動いた年でした。(ちょっと大げさかな?)

 
春ごろ、HSPという気質があると知ります。
HSPや内向型に関する本を読み、今までの私がひっくり返りました。
 
夏ごろ、HSPの方の集まりで、同じように悩んでいる方と話ができ、一人じゃないんだと安心しました。
しかし、安心だけではありませんでした。
 
こんな敏感な気質なんかいらない、
病気なら薬で紛らせることができるかもしれないのに、「性質」「気質」なんて、一生逃れられないじゃないか。
 
人類には少ないなりに一定数いて、危険が身近な時代には必要な人だった、と本で読んだが、
いろんな人がいていい、なんて言いながら、多様性を否定し、口先だけの狭量なこの社会・時代には、
すんなり生きられない私はまったくのお荷物でしかないじゃないか、と怒りや失望も覚えました。
HSPは普通の人々が悩む、その何倍も悩みつまづくことが多いと思います)
 
同じHSPの友達Yちゃんが言っていました。
昔から息をするのもしんどい、と。
身にしみてよくわかっただけに、
なぜ自分はこうなのか、理解されないのかと、悲しみや、周りの人へのひがみも再認識させられました。
 
今だって暗中模索です。
自分の感覚センサーをコントロールすることができれば、
外界の刺激に振り回されることが抑えられるのに…。
 
刺激を受けるたび、身体と心が揺れ動き、その回復や、自分を取り戻すのに時間がかかる。
体調にも影響する。
肉体的には疲れを認識していなくても、
体内のことまではわかりません。
必要な栄養素が大幅に失われたり損なわれたりしているかもしれない。
サプリなどで補えるならいいですが、それも実際にはわからない。
HSPはあらゆる意味でコスト高だ、とあらためて思います。
 
この性質には、まだ悲観的な思いが大きいです。
でも、でも。
 
コーヒーコーヒーコーヒー 
 
HSPを知って、いちばん大きく変わったことは、
人間関係の捉え方です。
 
実際の人間関係も変わりました。
タイミングも関係していますが、
今までのいくつかの関係が一切なくなった、といっても過言ではないほどの動きがありました。
それは淋しくも感じましたが、それぞれにステージが変わったんだな、と納得もしています。
 
なにより、自分の求めるものが変わった。
 
そして、新しい方々との関係が始まった年でした。
捨てる神あれば拾う神あり、だと感じました。
新しい方々との関係を、より優しく強く育んでいけるかは、
相性や、私の力量もあると思うので、不安で心細いと思うこともあります。
けれど、はじまったのならやってみよう、と思っています。
 
変化は希望につながると信じています。
変わらないことなどない、といつも思います。
停滞し、動かないことで自分を守っているつもりでも、日々細胞も入れ替わっているし、考えだって刻一刻と変わります。
 
それならいっそ、変化を楽しもう。
次はどんな私になるのか、なれるのか。
 
HSPを知った私は、自分の目指す方向がようやく定まってきたように感じられます。
自分が自分の味方であり、自分の感じる通りに進んでいい、と感じられてきています。
間違いがあろうと人にどう思われようと人がどう捉えようと関係ない。
他人の思惑に傷つけられるのはもういやだ。
もっともっと自分を守り、許してあげよう、と思います。
 
流れ星流れ星流れ星
 
まだなんにもわからない。
でもね、自分の人生で「希望」を持ったのって、初めてなんです。
私が私でいていい、なんて思ったことはなかったんです。
 
そんな私には、大きな一歩を踏み出した一年になりました。これからです。
 
{E09807DA-15AD-4E31-B7AA-93FCF892434F}
これからもよろしくお願いします。
( ´ ▽ ` )ノ