ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

晩秋の小鳥たち

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。
昨日はよく晴れたので、旦那さんと暖パン履いて、鳥を見にお出掛けしました(^-^)

カメラ写真はすべて主人の撮影です)

{F2FCC419-F1CC-40A3-9FD7-B43B81D14074}

カイツブリくんの正面顔(ちょい人相悪い?)

{FB2C2F66-46FA-4006-97B1-838FD1C8129E}

潜りました(^-^)/

{C13016F5-18D6-47ED-9A05-F2C82D056A65}

ガマの穂

{120C1F2E-7620-45E5-8058-D6C8A93ED63D}

穂が割れて、中から綿毛(種)が溢れ出てくるそうです。

他にも、カルガモオオバンヒヨドリ、ウ、などなど常駐メンバーがいましたよ。

最後にもう一度、美人さんラブラブ
以前にもご紹介したジョウビタキのメスです。
地味な色合いですが、やっぱりオスと同じレンガ色がポイントですね(^-^)
ヒタキ科の鳥は、いかにも小鳥、といったかわいらしさがあります。

{B2553C82-1026-4ABE-97DF-BB7539DFAAD3}

この時期は枯葉が次々と落ちてきて、鳥か?と一瞬思わせられます^^;
車で走っている時に道路で落ち葉が舞うと、鳥がひかれる!(O_O)と驚くので困っています(^^;;

公園は、いっときとても静かな時があって、葉ずれの音だけが通り過ぎて、心を洗ってくれるようでした。

鍋鍋鍋

夜はお鍋にしました。

今日もお付き合いいただき、ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ