ひとは思いこみでできている

思うこと 気づいたこと なんでも書く

飛蚊症で眼科に行ったけど

先月、眼科に行った。 左目に黒い糸くずが見えたから、「飛蚊症」だとわかったものの、なんで急に現れたか怖かったので原因を調べたくて行った。 ネットで調べると、原因にはふたつあって、ひとつは「網膜剥離」(この言葉だけでもう怖い…)、もうひとつは「…

集中線!

普段から「ガーン!」とか「顔にタテ線」とか、ベタなことを言う私ですが、そういった漫画っぽいことでやっぱりいちばん好きなのは「集中線」! どんなものにも集中線をつけたら、なんだか面白そうになりそうではないですか?(面白くなるわけではない) こ…

なつめのジャムと陳皮干し

陳皮を作る季節がやってきました。 作ると言ったって、みかんの皮を乾かすだけです。食べる前に塩やお湯で洗っておけば、後から面倒もない。 本物の陳皮はもっと長期間乾燥させているのだろうけど、自分で食べるものならあまりこだわりはない。これがなかな…

自分の身体に聴くこと

先日、衝撃的な記事を読み、今もなんともいえない迷いの中にいる。 冬に、ホットヨガはすすめません!〜婦人科トラブル、不妊、血流不足のひとは気をつけて〜 | 堀江昭佳オフィシャルブログ「『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処…

団地だ!

こんなの出たの?! 「住宅団地マスキングテープ」 https://danchi.epa2.net これは…マスキングテープを普段使わない私でも、買わなきゃならんか?!と思わせられる品ですね…。 いろんなことを考えて実行してくれる人がいるなぁ〜感服です! (画像はお借り…

気の合う方々と…

買ってきましたよぉ〜! しいたけ.さんの「ソウルカラー心理学」 これを読みながら、気の合う方々としゃべりたい! どーでもいい話でいいのだ。 しょーもない話も、たいへんな話も、おもしろい話も、苦しい話も、 外に出してしまえば、抱えた荷物がちょっと…

『ボヘミアン・ラプソディ』

話題になっているクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。 旦那さんがクイーンの昔からのファンで、私は世代が少しずれていてほとんど知りませんでした。 フレディ・マーキュリーがエイズで亡くなったことはうっすら聞いた記憶があるよう…

ハマる串

ただの鶏肉が…、ただの豚肉が…、ただの団子が…、 串に刺さってるだけでなぜあんなにおいしそうに見えるんでしょう!? 最近の自分だけの流行が、串です。 お肉も団子も、特別でもない。そのまま焼いてお皿に盛ってもいいんですけど、だけど、串に刺さってる…

『竹取』

小林聡美さんのことが好きで、タイミングよく見つけたお芝居を観に行った。 さとちゃん(といつも呼んでいる)のお芝居を観るのは2回目です。 今回は現代能楽集シリーズ『竹取』。 (野村萬斎さん企画のシリーズ第9弾。構成・演出は小野寺修二さん) 主演は…

「100%」は私が決める

仕事でも、人と会うのでも、遊びに行くのでも、「100%」の力とペースでないとあかんと信じ込んでいた。 だから、今日天気悪いし頭も痛いんだけど行かなきゃ…で行って、やっぱり調子が出なくて、あ〜あ、体調管理できてないのがダメだったのかな、楽しいはず…

続かないことは悪いこと

何をやっても続かない、という意識にこのところ責められている。 仕事だって派遣で最長3年くらいだし。同じところにずっといたのは5年だった。 20〜30代のころは、人間関係だって続かなかった。続けようとしてなかった、という方が合っている。 そういえば、…

世の中に出て行くことが怖かった

子どものころからなんとなく生きにくかった。 怖いことだらけだった。 小・中学生の行動範囲といっても家からほとんど離れないけれど、テリトリーとなりうる学校でさえ知らないところばっかりでなじみづらかった。先生と気安く話す同級生がうらやましかった…

変わることを楽しみたい。怖いけど。

ややっ?! 気がつけばアラフィフと言われる年齢になってるね、ワタクシ? アラフォーとかアラフィフとか、まぁどっちでもいいんだけど、中身は子どものころのものを後生大事に抱えてるなぁ。 日本酒飲んだり、塩辛とか食べられるようになるのかなと思ったけ…

タイトルを新しく・小鳥たちは移動しました

ブログのタイトルを変えました。 最近頭から離れなかった「人間っていろんな思い込みでできてるよな〜」という実感から、そのままそれにしました。 思い込み、といっても、それがいいとか悪いとか、正しいとか間違いとかじゃないです。 ただただ、思い込みで…

毛虫くんの歩み

こないだ住宅街の道を歩いてたら、茶色の毛虫がもぞもぞ這っていた。 数時間後また通ったら、同じ毛虫くんがまだいた! たぶんもちろん進んでいる。 けど、数メートルも離れてないように思える。(まさか同じ毛虫くんにまた会えるなんて思わなかったから、ど…

奥田英朗さん→本城直希さん→大友克洋さん→高野文子さん

ひさしぶりに手に取った、奥田英朗さんの本! あの精神科医のシリーズがものすごく面白くて次々読んだことを思い出した。(でも内容をぜんぜん覚えてない…このポンコツ記憶力よ…) この家シリーズも、表紙の写真が印象的で好きなので気になっていた。 表紙の…

人生100年時代だってさ

最近、すごく拒否したこと。 人を不安にさせたり、恐怖を感じさせたりすることを口にするのは強制じゃないか。 人生100年時代、なんて、庶民の金を搾りとろうとする財務省やら保険会社やら、その他諸々の、人の人生に責任など持ってくれないところがメデ…

腰痛治まる!

ここ2週間ほど、腰痛でした。 ずーんと重く、動かしにくい。1週間経った時、いよいよギックリか?!という状態に! ヒェーこりゃあかーん、と慌ててカイロをたくさん貼って安静にして約3日…、ようやく動くようになりました! 腰って「要」って書くくらい…

hiro-sanのブログ『人の心に灯をともす』より

読ませてもらっているブログで、ハッとすること発見! hiro-sanのブログ『人の心に灯をともす』より、 「否定することで、あなたはなにかいいことがあるんですか?」という記事。 斎藤一人さんの本の中の言葉を引用されています。 斎藤一人さんを寡聞にして…

自分との会話

このブログはいったい誰に向けてしゃべってるのかな、と思った。 誰に伝えたくて書いてるのかがわからなくなってきた。 はじめの頃は、少しでもつながりのある方々に向けて書いていた。顔を合わせるのは難しくても、ちょっとお茶しながら会話する、そんな風…

台風で折れた樹

今年の夏は酷暑、台風も地震も大きく強いものでした。 台風で太い枝が折れてしまった樹。 昨年の冬はこうでした。向かって左側の枝がなくなった。 近くには、幹から折れてしまった樹もあります。このたびの台風でたくさんの被害が出たと思います。 えぐられ…

眠りにいいらしい?

さっき記事で読んだ。 「眠りに効く身近な食材3選!」というような題だったので、どれどれ?と読んでいくと、 ①コーヒー ふんふん、香りがリラックス効果…、なるほど、では次は? ②玉ねぎ えっ!?けっこう刺激的では?これも香り成分に効果あり…なるほど……

私の本質に気づいてしまった

私は真面目で几帳面だと思われている。きっちりしている、とか言われることもある。 もしかしたらそんなとこもあるかもしれない、とか自分で錯覚しそうになってたけど、違ったぞ! 私はズボラで面倒くさがりなんだった!そしてだいぶぼんやりしている。この…

痛いのは一体「誰」?

夜中ちょっと雨が降ったらしく、朝見ると地面が濡れていた。 くもり空で、これからまた降るのかもしれない。少し肌寒い。首もとからひんやりした空気が入ってくる。 そういう天気の時はやっぱり頭部が重い。 見えにくいものを力を込めて見つめていて、あまり…

“絶対”って思わなくなった

歳をとってきて心底よかったと思う自分の変化は“絶対”がなくなってきたこと。 絶対のあとには「こうあるべき」「すべき」がたいがい続く。強い語気だ。そして“絶対”と“べき”で、二重に不自由になってる。 不自由だし窮屈だし、自分の小ささやせまさを露呈し…

みうらじゅんの効用

みうらじゅんが好きなんです。いえ、がっちり好きなんではないけど、昔からずっと気になる存在です。 昔からずっと「サブカルの帝王」だと思ってたのです。 でも違った。 むしろサブカルがみうらじゅんを追いかけてる! 順序が逆だ。そういったカテゴリーに…

言葉にならないこともある

生きるってすごいことだ。 先日のこと、年配の女性がごく個人的なことを話してくださった。 「私、病気をたくさん持ってるけど、最近になって、今日も生きてるのかぁっていう心境になってきたわ。そんな風に思うようになるなんて思わなかった。」 「そうです…

人にかける言葉はあったかく明るく優しいほうがいい

人にかける言葉は、あったかくて明るくて優しいほうがいい。 だってそれはぜんぶ自分に返ってくるから。 人に言っているようで、自分がいちばんその言葉を言ってほしいんだと思う。 もちろんグチったっていいんだ。ドス黒い言葉が出たっていいんだ。 どっち…

言葉は凶器

特に好きでもなく、ふだん頭に登らないし、別に考えないようにしている程度の人のことを、 「好きではない」「嫌い」だと口に出したとたんに、 それが決定事項になって、自分がものすごく嫌っている、という事実に変わる。あらためて絶対的なものに決定され…

呪いの言葉

私には姉がいた。写真でしか知らない。 私が生後8ヶ月の時に、自動車にひかれて亡くなった。 私は自分が長女だと思っていた。 母からは「お姉ちゃんとしてちゃんとせよ」と言われ育ってきた。 居心地の悪さを感じながら、妹に対しては、幼いながらもお姉ちゃ…