ことりのように

旦那さんと文鳥とオカメインコと暮らしています。日々のこと、思うこと。ことりのように自由にはばたいていきたいです

眠りにいいらしい?

さっき記事で読んだ。 「眠りに効く身近な食材3選!」というような題だったので、どれどれ?と読んでいくと、 ①コーヒー ふんふん、香りがリラックス効果…、なるほど、では次は? ②玉ねぎ えっ!?けっこう刺激的では?これも香り成分に効果あり…なるほど……

私の本質に気づいてしまった

私は真面目で几帳面だと思われている。きっちりしている、とか言われることもある。 もしかしたらそんなとこもあるかもしれない、とか自分で錯覚しそうになってたけど、違ったぞ! 私はズボラで面倒くさがりなんだった!そしてだいぶぼんやりしている。この…

痛いのは一体「誰」?

夜中ちょっと雨が降ったらしく、朝見ると地面が濡れていた。 くもり空で、これからまた降るのかもしれない。少し肌寒い。首もとからひんやりした空気が入ってくる。 そういう天気の時はやっぱり頭部が重い。 見えにくいものを力を込めて見つめていて、あまり…

“絶対”って思わなくなった

歳をとってきて心底よかったと思う自分の変化は“絶対”がなくなってきたこと。 絶対のあとには「こうあるべき」「すべき」がたいがい続く。強い語気だ。そして“絶対”と“べき”で、二重に不自由になってる。 不自由だし窮屈だし、自分の小ささやせまさを露呈し…

みうらじゅんの効用

みうらじゅんが好きなんです。いえ、がっちり好きなんではないけど、昔からずっと気になる存在です。 昔からずっと「サブカルの帝王」だと思ってたのです。 でも違った。 むしろサブカルがみうらじゅんを追いかけてる! 順序が逆だ。そういったカテゴリーに…

言葉にならないこともある

生きるってすごいことだ。 先日のこと、年配の女性がごく個人的なことを話してくださった。 「私、病気をたくさん持ってるけど、最近になって、今日も生きてるのかぁっていう心境になってきたわ。そんな風に思うようになるなんて思わなかった。」 「そうです…

人にかける言葉はあったかく明るく優しいほうがいい

人にかける言葉は、あったかくて明るくて優しいほうがいい。 だってそれはぜんぶ自分に返ってくるから。 人に言っているようで、自分がいちばんその言葉を言ってほしいんだと思う。 もちろんグチったっていいんだ。ドス黒い言葉が出たっていいんだ。 どっち…

『トリノトリビア』は鳥好きにおすすめ!

急に朝晩冷え込むようになりました。暑いよりは楽に過ごせるとはいえ、身体の対応が追いつかない今日この頃です。 ここ数日、朝から鳥の鳴き声が聞こえてきます。それがとてもきれいで、きらびやかな感じのさえずりなのです。 あれっ? 知らない鳥がやってき…

言葉は凶器

特に好きでもなく、ふだん頭に登らないし、別に考えないようにしている程度の人のことを、 「好きではない」「嫌い」だと口に出したとたんに、 それが決定事項になって、自分がものすごく嫌っている、という事実に変わる。あらためて絶対的なものに決定され…

呪いの言葉

私には姉がいた。写真でしか知らない。 私が生後8ヶ月の時に、自動車にひかれて亡くなった。 私は自分が長女だと思っていた。 母からは「お姉ちゃんとしてちゃんとせよ」と言われ育ってきた。 居心地の悪さを感じながら、妹に対しては、幼いながらもお姉ちゃ…

おおやけにするのなら

公にして発言していることは、誰が読んでも理解できるようにするのが「人の良心」だと思う。 人がわざわざ真意を推しはからないといけないような発言や行動は、本人が「伝える努力や責任を負っていない」ので誤解されても当然だろう。 本人や周りのシンパが…

自己否定は自己防衛

自己否定は自己防衛なんだな。 一生懸命すごい勢いで頑張って否定している。 周りから責められないように先回りして自分を否定している。 そうすることで自分を守っている。 …何から? * 人や周りの状況を優先する。いえいえ自分なんて後回しでいいんですよ…

#チュンまんが

小鳥好きならこれを見てほしい! でも別に小鳥好きじゃなくてもおもしろい♬ dolllyさんの、 「#チュンまんが」twitterにて連載中 とっても楽しく平和な気持ちになるでしょう。笑ってしあわせな気持ちになるでしょう。 そしてチュンが欲しくなるでしょう。

よく思われたいのではなく、正しく理解されたい

梨木香歩さんの文章が好きだ。 この方の文章は「森」のようなイメージだ。 森の中の湖面のようにしんと静かでほの暗く、森の中の落ち葉が堆積した土のように豊かで深い。 私のこの精神を、受け入れてくれる、と感じる。 私のこの、ごちゃごちゃとした面倒な…

文鳥はえらい

文鳥を飼って8年、ピヨスケくんも8歳。 8年経っても知らないことだらけ。8年経ってもまだまだ新しいことをしてくれる。 〈つい最近の写真〉初夏の換羽時期に調子が悪くなって、羽がきれいに生え揃わなくなった。でもがんばって夏を乗り越えてくれた。 「文鳥…

私のツキ具合

今日、いえ昨夜、ふいに思い立って映画のレイトショーへ行こう、と『インクレディブルファミリー』を観てきました。 本題はそのことではなく…、帰りついて車から出てふと夜空を見上げると、東から西方向へ流れていくものを見たのです。 今タイミング的に並ん…

休みスイッチ欲しい

のどがヘンだなと思ったら、風邪をひいた。引き込んでしまったようで咳が止まらない。 翌日からお盆休みだった。 少しまとまったお休みの前にちょうど具合が悪くなるのは、身体のメンテナンスしなさいよ〜ということなのかなんなのか。よくできている…。 倒…

身体は変化し進化したい

最近読んだブログ記事に、思っていたけど言葉にしづらかったことが書いてあった。 成長や変化をいやだと思ってたって、細胞は変化し進化したがってる。 自分の解釈が入っているから間違ってるかもわからないけれど、私はそう捉えた。 いくら頭で変化したくな…

聞く・聴く

聞くことはむずかしい。 相手が言っていることをそのまま聞くことはむずかしい。 30代過ぎてから、「聞く・聴く」ことを意識して、できているかどうか振り返り思い出すようにしているけれど、今でも何度も失敗する。 以前は身の回りの一般的社会では、これほ…

舌の変遷

昔、母がかき氷を食べていて、それが“みぞれ”と言うんですか“すい”と言うんですか、透明の蜜のかかったかき氷で、子ども心に「あんな味ないのん、おいしくないのに」とか思ってたんですが、今の歳になるとあの味気なく感じるくらいのシンプルさで充分ですね…

行ったり来たり

自分の機嫌は自分でなんとかしよう。 人の言葉や顔色声色、しぐさなんかに「当てられて」、気分が悪くなったり、なんでこの人はこんな言い方するんだろうと考えたり、気を回したりするけど、その人の言動はその人のものだ。 八つ当たりみたいに「当てられる…

野鳥いてる?

ある小鳥店にて。 ブラリとやってきたおやじが、店のおばさんに「野鳥いてる?」といきなり聞いた。 おばさんは慌てて「いませんよ!」 私たち夫婦はおやじに唖然。 昭和のおやじはメジロとかウグイスとか、いい声で鳴く野鳥が好きだなぁ。そりゃかわいいし…

月の半分はこんなだから

PMSの最中は、やたらと頭だけが働こうとするように思う。 冴えた働きなんてまったくできそうもない期間なのに、空ぶかししてるんだろう。やかんの水が少ないとすぐに沸騰するように、頭もたっぷりの水がないまま必死で動かそうとしてるんだろう。それで、休…

月の半分がこんなで

今回のPMSはキツかった。 ・目の痛み(突き刺すような) ・目の奥から頭にかけてのビクビクする痛み ・頭痛 ・右耳(外耳あたり)のギュッとする痛み(耳栓がしにくいのでとてもつらい) ・噛みしめで顎のあたりがじわじわと痛い ・顔のかゆみ ・吹き出物 ・…

達郎さんの曲

山下達郎さんが主題歌を歌う映画が公開されたからか、「ミライのテーマ」があちこちで流れ、よく耳に入ります。 山下達郎さんを好きでも嫌いでもなく、でも有名な曲が多くて“自然と知っている”状態です。 好きでも嫌いでもないけど、なかでも気に入りの曲は…

24

ものすごく遅ればせながら、「24」をDVDで見ています。実は初めてです。 お笑い芸人さんの“どきどきキャンプ”のネタで「24」のジャック・バウアーに扮するのがありましたね。 お笑い番組でそれを見て、わけもわからずゲラゲラ笑っていました。本物知らな…

平気平気!

twitterで知った「耐え子の日常」(書籍発売されてます!)、あまりの面白さに過去をたどって読み、同僚や周りのキャラクターに怖気づきつつすっかり「OL耐え子」のファンです。 twitterのアドレスをどうやって貼り付けるのかわからないので紹介が不十分です…

無事でおられるように

よく読んでいたブログが突然閉められました。 ごく個人的なことも、多数の方に向けての発信もされていたブログでした。 丹念で繊細な表現や、信じたい、といった強い気持ちを持った方なんだなぁと感じていました。 読み始めたのは2年ほどなのでその方の詳し…

Yさんへの私信

Yさん 世界を巡っているかのような写真がたくさん載っている日めくりを見つけました。 旅好きなYさんにはおなじみの景色があるかもしれません。 同じシリーズで写真集もありましたが、気軽にパラパラ見られる日めくりなら、より世界が身近かも!と思ってこ…

地震・小鳥たちの様子

◎文鳥・ピヨスケ 地震当時、私は家にいなかったので、発生直後の様子はわからないのですが、あとで主人に文鳥が吐いたことを聞きました。腰を抜かして立てなくなっていたそうです。 その後は余震が来るたびにビクッとし、細くなり、あたりをすごく窺う様子を…